間に合わせで済ますもの:キャンプ初心者のためのキャンプ用品選びのポイント

キャンプ初心者のためのキャンプ用品選びのポイント

間に合わせで済ます物

WEDDING STYLE

キャンプには必要ですが、とりあえず家庭にあるもので間に合わせが利くものです。一回目のキャンプから買う必要はありませんよ。

家庭にあるものはとりあえず間に合わせで

食器や調理器具、洗剤など台所用品や寝具類、薬など家庭で間に合うものはとりあえず買わずにおきましょう。

食器や調理器具、洗剤など台所用品
皿やコップ、箸やフォーク、スプーンなど食器類はなるべくプラスチック製などを選びましょう。割れないし、軽いですから。もしもプラスチック製のものがなく、紙コップや紙皿、割り箸を買うくらいなら、お金がかかってもプラスチック製(箸は木製?)のものを買いましょう。キャンプ専用の物である必要はありません。
鍋やヤカン、包丁など調理道具も家にあるものを選んで。キャンプ中のメニューをあらかじめ決めておいて必要なものを持って行きましょう。
無論洗剤やスポンジも家にあるもので。(キャンプ場によっては洗剤に指定がある場合があります。その場合には、指示にしたがってください。)
カセットコンロや電磁調理器、ホットプレートなど
カセットコンロは必携です。湯沸しや調理などに便利です。外気温との関係で家庭用のカセットコンロだと火力が弱いなどという人がありますが、私の経験上、全く問題ありません。(冬場はわかりませんが...)ただし、風で火が消えることがあるので気をつけてください。
我が家の場合には、これに加えて小型のバーベキューコンロを持っていきます。余程の大人数でない限り、持ち運びのことを考え最小限のサイズにしておきましょう。
また、電源があるキャンプサイトを使う場合には、電磁調理器やホットプレートは便利です。夜は鉄板焼きに焼きそば(+ビール!)、朝はホットケーキでどうですか?
★詳しく解説→バーベキュー(BQ)の火おこし(火のつけ方)のノウハウ
★詳しく解説→ファミリーキャンプや初心者にやさしい2泊3日の献立例
★詳しく解説→バーベキュー料理のレシピ
寝具関係(敷布団・毛布など)
これには異論がある人も多いと思いますが、慣れていない人がいきなりシュラフ(寝袋)では寝苦しいんじゃないかと。
また、これも後述しますが、個人的には、シュラフにも色々ありますし、加えてテントの床の断熱とクッションにも色々とあるんで、ゆっくり考えたほうがいいと思います。
もっとも、車に積み込んでいく必要があるので、トランクなどのスペースの関係で無理な場合には仕方ありませんが...
もし購入する場合には、少し厚手(床にも敷ける)で二つをひとつにつなげられるタイプのものをお勧めします。ペラペラの安物はお勧めできません。
救急箱
虫刺され(特にブヨ)などに使えるステロイド系の軟膏や絆創膏、消毒などは念のため持っていきましょう。コンビニやドラッグストアなどが周辺にはないキャンプ場もざらです。準備だけはしておきましょう。
その他
ゴミ袋や新聞紙などはいろいろと用途があるので、忘れずに。
BRIEFING PAPER

ファミリーキャンプ.net

MAIN MENU


PARTNER LINK